1 S女性にとり、調教とは、「ご主人様に対する忠誠心と有用な家畜人」に飼育することです。

2 家畜調教は、人間としての羞恥心を取り除き、飼い主様に対する絶対的な服従心を養う為に行いま す。このため、飼い主様は、人間が犬の真似をするのではなく 真の  犬になりきるまで反復し、調教することが必要です。

3 忠誠心は、毎日 ブーツ又は足の裏を反復して、舐めさせることにより 自然にご主人様の命令には 、絶対服従することを体で覚えさせます。

4 有用な家畜人とは、炊事、洗濯、お茶だし、掃除、庭掃除、買い物、運転手等日常の生活において 召使、下僕としてご主人様に役立つことです。  これは、家で飼うことになりますので、よほどの信頼 と有用性が必要です。

5 有用な家畜人には、更に、ご主人様の快楽の道具として役立つことです。  例えば、ストレス 発 散の為の鞭打ち等 鼻、舌、口等肉体を使用してご主人様に快楽を与  えることです。

6 女ご主人様は、凛とした声で家畜人に命令を与え、家畜人に毅然たる態度で望み、 調教中は、甘 さを見せないことが重要です。少しでも、反抗したり、泣き言を言った場合は徹底した折檻を与えて、身 体で覚えさせます。

7 家畜人は、女ご主人様に無条件かつ無報酬に献身的に仕えることに無上の悦びを感ずるもので、家 畜人の悦びは、女ご主人様の厳しい躾と折檻がその源となっています。

8 家畜人は、本質的に男性であり、人間であり、それぞれ誇りを保有している。その男としての、人間と しての羞恥心を取り除き、家畜として檻に飼い、奴隷として、日常生  活のあらゆる苦役に使用し、ま たあるときは女ご主人様の気分のおもむくまま、快楽の道具として使用し、有用かつ忠実な家畜人に飼 育・調教するには女ご主人様の強い意志と根気が必要です。

9 皆様方の家畜人の飼育・調教については、意見の分かれるところです。

  皆様方の飼育・調教のついての考え方、体験等をお聞かせ下さい。

 

★読者投稿欄

 メールにて投稿してください。 

 

No.

タ  イ  ト  ル

名 前

私好みの「家畜人」(家畜人を飼うことのお奨め)

郁 子

あるS女性の告白「恋人を奴隷にしよう!」

あ け み

鞭打ちの喜び 美 香
神酒直接授与について る み
豊満ヒップで男を責める快感 玲 子
6 家畜人を所有することのお勧め 静 絵
7 老いても女王と奴隷の関係 悦子
8 老いても女王と奴隷の関係-2 悦子
9 老いても女王と奴隷の関係-3 悦子
10 老いても女王と奴隷の関係-4 悦子